株式会社フジコー スタッフブログ

札幌市の商業手形割引の専門ノンバンク 【株式会社フジコー】のスタッフが綴る業務日誌的ブログ

株式会社フジコー 企業サイトはこちら

ブログ内検索

最新記事

カテゴリー

バックナンバー

GW中国地方出張報告書(2)

いつもお世話になります。皆様におかれましては日々ご健勝のことと思います。

お手持ちのお手形などありましたら、大至急ご連絡ください。迅速に対応させていただきます。お気軽にお問合せください。

 

さて、今回も中国地方出張報告の2回目です。全何回かは、分かりませんが、出来るだけ、みなさんに楽しんで読んでいただけるように書いていきたいと思います。

三日目
昨日の悪天候とは、打って変わって今日は朝から快晴で、まさに出張日和です。宿泊した三方五湖もごらんのとおり穏やかです。今日も張り切って仕事?をこなしましょう!

 

今日のスケジュールは、まず、天橋立に行くことです。京都には何回か行ってますが、日本海側は初めてです。天気が良いので、絶景が期待できます。天橋立は阿蘇海を挟んで南側の天橋立ビューランドと、北側の笠松公園からの景色が有名ですが、調査員の個人的な感想ですが、どちらかといえば天橋立ビューランドからの景色が良いように思います。ただ、笠松公園のケーブルカーは、ケージやカートに入れておけば、わんこ達と一緒に行けるのがメリットかな。

GWは激しい混雑が予想されるので、朝一番を狙います。8時に行くと、まだ駐車場も比較的空いておりました。わんこ達にはかわいそうだけれどここで、ちょっとお留守番してもらいますm(_ _)m

リフトです。乗車時間約6分で到着です。モノレールも並走しているので、帰りはモノレールでかえることとしましょう。

 

さあ、到着です。展望台に行って左を見ると、おー!

これは絶景です!わんこ達にも見せたかった~。写真では何回も見たことはありますが、目の前で見るのとは迫力が違います。ここには、股のぞき台というベンチみたいな台があります。

この絶景を股越しにみると、龍が天に舞い上がるように見えると言います。ならば見てみましょう。

(・_・)うーん、何と申しましょうか・・・。絶景であることには変わりありませんので最高で~す(^^)。さらにここには、ミニ遊園地があり、絶景にあ~んまり興味のない小さなお子様たちでも楽しめそうです(^^)。

帰りはモノレールで帰りましょう。

 

さあ、GW真っ最中です。もたもたしていると混雑渋滞に巻き込まれます。先を急ぎましょう。

次に向かったのが、天橋立から北に30分ほど向かった京都の最北部付近に位置する“伊根の舟屋”であります。独特の建築様式で、海に浮かんでいるようにも見えますね。古い町並みがお好きな方は、必見ですよ。

な~るほど、こういう風に船で直接海に出ることが出来るんですね。

わんこ達も「おー!これはすごいワン」とかいって見ているのかな(^^)。
舟屋の中には民宿の客室にも利用されている舟屋もあるそうです。

急ぐ出張ではありませんが、なにしろGW、先を急ぎましょう。

途中、袖志の棚田という大変美しい場所にも寄らせていただきました。海と集落と棚田が調和した美しい景観は「日本の棚田百選」にも認定されているそうです。



だれもいない、風と波の音だけが心地よく聞こえてきます。

次に向かったのは、兵庫県の出石城下町です。ここに来ると、いきなりすごいものが目に飛び込んできます。おぉ、これはすごい!

これは辰鼓楼と言って出石で一番と言っても過言ではない観光名所だそうです。
ここの名物料理は、何と言っても出石皿そばでしょう。調査員が行った時刻はお昼を少し過ぎた頃、たぶん一番混雑している時ではないでしょうか。お腹が空いたので、お蕎麦でも、とお蕎麦屋さんを探しますが・・・(・_・) 目が点です。どのお蕎麦屋さんも、数十メートル、何十人?いや百数十人の列をつくて並んでいます!本当です!残念ながら、写真はありません(最近は個人情報が・・・人は撮れません)。もしこの列に並んだらいったいいつになったら、お昼に有りつけるのやら。そこでお昼は後回しにし、城址へと向かいます。

天守閣はありません。

天守があった場所は庭園のようになってます。

城址からみる町並みです。当時のお侍さまもこんな風景を見ていたのでしょうか。

規模の小さいお城なので、時間もそんなにかからず見学できました。お蕎麦屋さんはまだ激混みのようなので(^^;)、お昼は適当に食べ、本日最後の訪問場所へ向かいます。

竹田城に向かいます。このお城は晩秋のよく晴れた早朝に朝霧が発生した時に、まるで雲の上に浮かんで見えることから「天空の城」なんて呼ばれてもいるんですね。まるでラピュタですね(^^)。でも今日は春の夕方。また機会があればという事にしましょう。この竹田城は・・・あとはネットで検索してくださいね(^^;)

実は、調査員は若干足腰が弱く、直接竹田城に行くことは断念しましたorz。でも代わりに車で行ける竹田城の撮影スポットへ向かいます。そこは、高速道路をはさんで竹田城の西側にある藤和峠です。峠道を登りきったところに数台止められる駐車スペースがあり、そこから竹田城が遠望できます。

そこには、バスの待合小屋みたいなのがあり、なぜか、志村けん?の立て看板があります(笑)

本当に数台が止められるスペースです。車を降りてその先に行くと・・・。

おぉ!なんということでしょう!ドーンと竹田城!このままでは遠いので、カメラの倍率を上げます。

さらにアップ。これ以上倍率をアップすると、手振れがすごくて逆に上手く撮れません。これが限界です。

先人たちは、こんな山の上にお城を建てて、まさに“天”から統治をしていたわけですね。当時の風景が目に浮かぶようです。

さあ、本日の訪問先はすべてクリアしました。さあ、お宿へ向かいましょう。これよりさらに西へ西へと向かいます。

鳥取県に入りました。途中、コナン空港に寄って休憩をすることにしましょう。

この空港の正式名称は鳥取空港で、愛称が鳥取砂丘コナン空港なのでしょう。

ここには例のあの珈琲店があります。そうです。すなば珈琲です。本店は鳥取駅前店なのでしょう。しかし、以前行ったときは、すごい人数が並んでおり断念した記憶があります。そして今はGW。こちらで正解でしたね(^o^)v

以前はターミナル内にあったのですが、今は向かって左端に移っているようです。

今でこそスタバは鳥取にありますが、それも平成26年4月からの事。それ以前は「スタバはないけどすなばはある」な~んていう県PRをしていたんだとか(笑)。

メニューも美味しそうです。ここで、コーヒーをいただき、コーヒー豆(挽いた)を購入。帰ったら楽しみです。

さあ、そろそろ、日が暮れてきました。本日のお宿は”はわい”です。はわいと言っても道の駅はわいです。国道9号線のバイパス上(無料区間)にあるため、一般道からは入れません。便利なのは、コンビニ(ポプラという)が併設されている事です。晩酌もおつまみも万が一足りなくなっても心配ないさ~(笑)。

これで三日目も終わりです。また、後日記事と写真がまとまったら、アップします。気長にお待ちくださいね。長々とお読みくださりありがとうございました。

 

 

 

カテゴリー: お知らせ, ブログ, 手形再割引, 手形割引   パーマリンク

コメントは受け付けていません。