株式会社フジコー スタッフブログ

札幌市の商業手形割引の専門ノンバンク 【株式会社フジコー】のスタッフが綴る業務日誌的ブログ

株式会社フジコー 企業サイトはこちら

ブログ内検索

最新記事

カテゴリー

バックナンバー

手形に代わるモノ?!(其の壱)

先日、取引先の一つである某金融機関主催で

平成24年(2012年)5月から運用予定の

『でんさいネット(電子債権)』説明会がありました。

ふれこみは手形に代わる新たな決済手段”です。

詳細な内容については、ブレてはいけませんので(笑)

全国銀行協会(通称:全銀協)

HPへのアクセスからご確認下さい。→ http://www.zenginkyo.or.jp/

今回(其の一)では、

振出先/受取先双方の視点から説明会の感想を

簡単に述べるにとどまり、運用開始のカウントダウンにつれ、

其の二、其の三と実務面での疑問点など共有できることが

あればご紹介していきたいと考えております。

<感想:振出し先視点>

印紙税軽減、②事務手続き軽減、③支払手段の1本化など

メリットだらけのアナウンスに半信半疑!?

さわりだけ内容をお伝えすれば、

手形であれば、受取った手形額面(例)250万円は

何ら不具合がなければ、最後(交換所)まで250万円のままでしたが

『でんさい』になると受取り先が支払にまわす(裏書→譲渡)際に支払額に小割できる。

→例)材料屋へ100万円の支払がある場合

→250万円を支払いに100万円、残金150万円は期日まで手持ち。

といったように1枚(?!)がいろいろ何十ケース(下限内であれば)

にも枝分かれが可能となる。

<感想:受取先視点>

予想していたとおり参加者は振出先企業がほとんどで、

参加者からの質問も

          ↓

『取引先(支払先)が“でんさいネット”導入していない場合は・・・』

『導入に際してのコストは・・・』etcであり

上述のとおり振出先のメリットだけが先行していた感あり。

そこで以下のような質問をしてみました。

質問:振出すばかりではなく、当然に受取先にもなりうるが

    最終的に金融機関へ譲渡した場合(現行の割引)全て割引できるのか?

回答:全て割引はできません。

   そういう風に伝わったのであればお詫びします。

   振出先もそうですが、譲渡人(現行:裏書人)の

  状況等で判断します。

  説明では、いかにも割引全てが可のようにアナウンスされていた・・・。

と感じていたのは小生だけではなかった。

会場の空気が一瞬にギョッ!!ギュッ!!ピキーン!!と冷え切った・・・感じ。

質問:受取り予定者は、手形のように裏書人

    (譲渡人)を全て確認することができるのか?

回答:できません。金融機関を通じてのみ確認できる。

既に受取ってからの確認しかできないもよう。

→しかも、手形のように裏書全てが見られるわけでもない。

    なんと!!!!!

以上、あっという間の90分でしたが早速、取引先の社長へヒアリング

したところ、やはり支払についてのメリットを感じておりました。

『今まで過払いも多かったが、過払いしなくてすむな・・・』

→250万円の集金手形を材料屋の請求金額245万円にまわしていた。

→5万円の過払

*内容は同じでも各金融機関の説明者(発信者)によっては、

 受け手の捉え方が変わってくるので全銀協は説明ビデオ・DVDでの

 標準化をはかるべきでは・・・・。率直な感想です。

*都銀、地銀と順次説明会を実施しているようですので、お取引金融機関から

  ご案内があった場合には参加されてみてはいかがでしょうか。

*全銀協の正会員銀行である都銀・地銀・第二地銀・信託等の他、

  国内送金を担う全銀システムに加盟している商工中金・信組・信金

  農協系金融機関等も参加とのこと。

カテゴリー: お知らせ, ブログ, 手形再割引, 手形割引   パーマリンク

コメントは受け付けていません。